サードパーティからもUSB-C to Lightningケーブルが発売へ

MQGJ2

2019年には、サードパーティからも安価なUSB-C to Lightningケーブルが発売されることになりそうです。

iPhoneやiPadの充電と同期に対応するMFiライセンスを取得したLightningコネクタが、メーカー向けに販売開始されたことで、サードパーティでもUSB-C to Lightningケーブルを製造・販売できるようになりました。

これまでUSB-C to LightningケーブルはApple純正品のみで、価格は1mで1,800円(税別)、2mで3,800円(税別)。これでもちょっと値下げされたんですけど、それでも高いですよね。

サードパーティがUSB-C to Lightningケーブルを製造するためには、MFiライセンスを取得したLightningコネクタが必要。このコネクタの価格は、20個で2.88ドル。これは通常のMFi認証のLightningコネクタと同じです。つまり、USB-C to Lightningケーブルのコスト的には、現在販売されているLightningケーブルとそう変わらないということ。

販売価格も同じくらいになるとみられます。

コネクタの出荷は発注してから6週間ということで、早ければ2019年の初頭には、AukeyやAnkerなどの中華メーカーからもMFi認証のUSB-C to Lightningケーブルが登場するかもしれません。

 Amazonプライム無料体験

お急ぎ便配送料無料、日時指定、動画見放題のプライムビデオ、100万曲以上が聴き放題のPrime Music、会員限定タイムセール、無制限のフォトストレージプライム・フォトなどが使える神サービスに登録しよう!

関連するエントリー