10.5インチiPad Airは3GB RAM搭載、CPUベンチではiPhone XS Maxと同等(てことはiPad miniも)

IPadAir2019 Benchmarkscore 01

早くも新型iPad Air (2019)のベンチマークスコアが公開されています。

それによると、10.5インチiPad Airは3GB RAMを搭載。
CPUベンチのスコアだけで見ると、シングルコアで4816、マルチコアで11515。

同じA12 Bionicチップを搭載したiPhone XS Max、iPhone XS、iPhone XRとほぼ同等の結果になっています。

2018年モデルのiPhoneを減産したことで在庫がだぶついたA12 Bionicチップをそのまま搭載(クロック周波数も同じ)しているので、当然といえば当然か・・・、てことは、同じ構成のiPad mini (2019)もこれと同等のスコアを叩き出すということになりますね。

2018年モデルのiPad Proと比較すると、シングルコアではあまり変わらず。
マルチコアでは6400くらい違うので、使用中の体感差はありそうです。

IPadAir2019 Benchmarkscore 02IPadAir2019 Benchmarkscore 03

注目すべきはiPad mini (2019)。

Wi-Fiモデルの64GBなら5万円で買える機種でありながら、現行のiOSデバイスでiPad Proに次ぐ高スペック。ゲームなど使用用途を限定する場合なら、高いiPhone XS Maxを買うよりコスパは断然に良さげ。画面も大きいし。

 Audibleを聴いてAmazonポイントゲット!(5/8まで)

本の朗読を聴いて楽しむサービスAudibleのお得なキャンペーンが実施中。5月8日(水)23時59分までの期間に30日間無料体験に登録する方は、本を1日5分以上聴けば50ポイント(*プライム会員なら100ポイント)。10日以上聴いたら最大500ポイント(*プライム会員なら最大1,000ポイント)獲得のチャンス!

関連するエントリー