2019年モデルの「iPad Air」と「iPad mini」は3GB LPDDR4X RAMを搭載

IPadAir3 iPadmini5 bunkai 03

iFixitが、「iPad Air 3」と「iPad mini 5」の分解レポートを公開しています。

「iPad Air 3」は2017年モデルの「10.5インチiPad Pro」とほぼ同じ大きさで、SmartConnectorを搭載。「iPad mini 5」は旧モデルと変わらず。「iPad Air 3」と「iPad mini 5」の両機種共に、A12 Bionicチップを搭載、RAMは3GB、Apple Pencil 1をサポート、Bluetooth 5.0をサポートといったスペック。

設計はどちらもシンプルで、ロジックボード、ディスプレイ、外装、バッテリーに分解されます。Lightningポートはロジックボードにハンダ付けされており、ユニットで交換することはできません。

IPadAir3 iPadmini5 bunkai 01

iPad Air 3(2019年モデル)

  • 10.5インチ 2224 × 1668(264ppi)
  • A12 Bionicチップ
  • 3GB LPDDR4X RAM(SK Hynix製)
  • 64GB NAND Flash(東芝製)
  • 30.8 Whバッテリー
  • 8MPリアカメラ、7MPフロントカメラ

IPadAir3 iPadmini5 bunkai 02

iPad mini 5(2019年モデル)

  • 7.9インチ 2048 × 1536(326 ppi)
  • A12 Bionicチップ
  • 3GB LPDDR4X RAM(Samsung製)
  • 64GB NAND Flash(東芝製)
  • 19.1 Whバッテリー
  • 8MPリアカメラ、7MPフロントカメラ

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー