令和記念、古いMac miniをSierraからMojaveにアップデートした

MacOSSierra to Mojave 02

平成から令和になった記念に、Mac mini 2012のmacOSを「Sierra」から「Mojave」にアップデートしました。

アップデートした理由はH.265 HEVCに対応するため。

「Sierra」ではH.265 HEVCは扱えず、読み込む際にH.264に変換したりいろいろ効率が悪かったので、アップデートすることに。HEVCをサポートするだけなら「HighSierra」でも良いのですが、いろいろ不具合が多くて微妙なバージョンなのでスルーして、いきなり「Mojave」にしました。

ちなみに、Mac AppStoreでmacOSを検索しても「Mojave」しか出てこないので、Apple側も完成度の高い「Mojave」を使ってほしいようです。

「Sierra」から「Mojave」にいきなりアップデートして、スペックが足りるのか?
アプリの動作に問題はないのか?

などの不安もありましたが、実際に大きな問題は発生せずに安心。

MacOSSierra to Mojave 01MacOSSierra to Mojave 03

念の為Time Machineでバックアップをとってからアップデート。

面倒なのでクリーンインストールはしませんでした。
アップデートは1時間くらいで完了。

MacOSSierra to Mojave 04

念願のHEVCが扱えるようになりました。

これでiPhoneでの動画撮影にHEVCが使えるようになり、若干容量の節約にも繋がります。

MacOSSierra to Mojave 05

一部の動かないJavaアプリも、古いランタイムをインストールすれば動作します。

ポップアップメッセージの案内に従ってリンクから飛ぶとダウンロードページに移動できるので、こちらが調べてインストールする面倒もありません。

Macosmojave macmini2012

使用感もあまり変わらず使えていますが、世代的にMac mini 2012がサポートされるのは、この「Mojave」が最後になりそうですね。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー