2019年モデルのiPhoneの保護ケース、カメラユニットの保護はどうなる?

IPhone11case

「iPhone XI」として噂されている、2019年モデルの新型iPhone用の保護ケースの写真がまた出てます。

2019年モデルのiPhone用の保護ケースは、すでに中国のネット通販サイトで取扱が行われていますが、今回アップされた写真の保護ケースは、カメラ部分の処理がちょっと違います。

これまで出ている保護ケースはかなり初期に作られた為か、カメラユニット全体をくり抜いた形状でしたが、今回の新しいものはカメラレンズ、マイク穴、LEDライトを単体でくり抜いた形状になっていて、カメラユニットの突出具合がよくわかります。

2019年モデルのiPhone 3機種の型枠。

カメラレンズの位置が今回の保護ケースと同じです。

IPhoneXI casemockup 1

iPhone XI、iPhone XI Mac用の保護ケース。

IPhone11 caseLeakAlibaba 06 1

トリプルレンズを搭載したカメラユニットはこれまでよりも巨大化(現行モデルのカメラユニットと比べると、オープンになっている面積は約3倍ほどにアップ)しており、保護が難しくなっています。

カメラユニットを保護するには、保護ケースの四隅をカメラユニットよりも高くする必要がありますが、ここまで大きくなってしまうとそれだけでは少し心もとない感じ。カメラユニットの枠にも土手を作るなど、二重の保護は欲しい所です。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー