iOS 13やiPad OS、macOS Catalinaのパブリックベータ版が提供開始

Appplebetasoftware ios13

WWDC 2019で発表されたiOS 13やiPad OS、macOS Catalina、tvOS 13のパブリックベータ版が提供開始され、一般ユーザーでも利用できるようになりました。

6月25日(火)現在、このパブリックベータ版の中身は開発者向けプレビューのベータ2と同等だと思われます。iPad OSでは、Fileを使ってSMBサーバーに接続してファイルの管理が行なえるようになっています。iOS 13ではダークモードが実装されています。macOS Catalinaは、iPadを接続してサブディスプレイにできるSidecarが実装されました。

これらのパブリックベータ版を利用するには、Apple Beta Software Programを利用します。

Apple IDでApple Beta Software Programに登録してログイン。
デバイスをバックアップしてから、プロファイルをダウンロード。
ソフトウェアアップデートの項目からパブリックベータ版をインストールします。

ダークモードといった新機能は魅力的ですが、一部不具合もありますのでメイン機で試すのはおすすめしません。

正式版のリリースは秋頃。
iPhone向けには、それまでにiOS 12.4がリリースされる予定となっています。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー