mac OS CatalinaとiPad OSで使える新機能Sidecar、iPadをサブディスプレイ化

Macos catalinaSidecar

MacにiPad Proを接続してサブディスプレイとして使うことができる新機能「Sidecar」は、macOS CatalinaとiPad OS 13で実装される新機能です。

そのSidecarを、開発者向けのプレビュー版で使ってみた動画がTwitterに投稿されています。

Macからの接続は、AirPlayと同じでメニューバーからクリックするだけ。
難しい設定は必要ありません。

Sidecarはワイヤレス接続でも使えますが、給電やラグを考えるとケーブルで有線接続するのがベストでしょう。

Sidecarはこんな機能

  • MacにiPadを接続して拡張ディスプレイとして使える
  • ミラーリングもできる
  • サードパーティアプリと違って遅延が無い
  • ワイヤレス接続にも対応
  • iPadのジェスチャーがそのまま使える
  • Apple Pencilが使える
  • Mac用アプリのFinal Cut Pro Xでビデオ編集、Adobe Illustratorでグラフィック作成といった作業にApple Pencilを使うことができるようになる

遅延なしというのがどれだけなのか。
また、低スペックの無印iPadでも使い物になるの?

その辺りがちょっと気になる新機能ですね。

ただ、Macの方をCatalinaベータ1にアップデートするのはちょっとリスキーすぎる(iTunesが廃止されるはじめてのmacOSになる)ので、気軽に試すというわけにはいきませんが、Catalinaにアップデートする数少ないメリットがこのSidecarです。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited