iOS 13のリカバリーモードのアイコン、USB-Cケーブルに変わった?

IOS13beta Lightning USB C

iOS 13ベータ版でリカバリーモードにすると表示されるアイコン。

これまではLightningケーブルとiTunesのアイコンが表示されていましたが、iOS 13では、やや簡素化されたアイコンに変更されています。

USB-CケーブルらしきアイコンとラップトップPCらしきアイコンに。

これは何を意味するのか?

 

かつて噂となっていたiPhoneへのUSB-Cポートの搭載は、2019年モデルでは行われないとされており、USB-Cの搭載は早くても2020年モデルからとなりそうですが、それを見越した変更なのか?

それともただ単に、iOSデバイスで唯一USB-Cポートを搭載しているiPad Proと、そうじゃないiOSデバイスとで1つのアイコン表示にするために、あえて簡素化させたアイコンを使用して、USB-Cケーブルにも見えるしLightningケーブルにも見えるようにしているだけなのか。

でも、iOS 13からはiPad用にiPad OSが用意されるようになったし。これはiPhoneでの表示。

iPadOSでは、USB-Cデバイスからのファイルの読み込みに対応しましたが、この機能が使えるのはUSB-Cポートを搭載したiPad Proのみに限定されています。今後、他のiPadやiPhoneにもUSB-Cポートが搭載されることになれば、いよいよ禁断?の外部デバイスからのファイル読み込み・書き出しが解禁されることが期待できそう?

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー