iPhone XRの後継モデルは3110mAhバッテリー搭載、現行より5%アップ

IPhoneXR2019 iPhoneXE 01 1

今年の秋に登場予定のiPhone XRの後継モデルは、バッテリー容量が5%ほどアップするようです。

iPhone XRの後継モデル用のバッテリーパックを製造する中国のAmeperx Technology Limitedが明らかにしたもので、現行のiPhone XRのバッテリーと同じ1セルバッテリーで容量は3110mAhだといいます。

現行のiPhone XRのバッテリー容量は2942mAh。
約5%のアップとなります。

バッテリー容量が5%アップしていること、搭載されるSoCが7nmプロセスのA13チップであることを考えると、バッテリー駆動時間は現行モデルよりもかなり延長されるのは確実。iPhone XSやXS Maxのように2セルバッテリーではなく1セルバッテリーであることから、もしかすると、iPhoneファミリーの中で最もバッテリー駆動時間が長いモデルになる可能性もあります。

噂されているiPhone XR後継モデルの仕様は、現行のiPhone XRをベースに、A13チップ、デュアルレンズカメラを搭載。新色としてグリーンとラベンダーが追加されるというもの。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー