iPhone 11は4GB RAM搭載、11 Pro MaxのバッテリーはXS Maxより20%UP

IPhone11 pro batteryram

いよいよ9月20日より発売となる「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」。

具体的なスペックとして、カタログには掲載されていないバッテリー容量RAM容量が明らかになっています。

まずはバッテリー容量から。

バッテリー容量

  • iPhone 11:3110mAh
  • iPhone 11 Pro:3046mAh
  • iPhone 11 Pro Max:3969mAh

(参考)旧モデルのバッテリー容量

  • iPhone XR:2942mAh
  • iPhone XS:2658mAh
  • iPhone XS Max:3174mAh

3機種とも、旧モデルと比べてバッテリー容量がアップ。

特に「iPhone 11 Pro Max」は、XS Maxから795mAhもアップ。
カタログ値のバッテリー駆動時間は、XS Maxより最大5時間長いとなっていますが、それもあながち嘘じゃ無さそうですね。

「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」には18W電源アダプタが付属するので、USB-C to Lightningケーブルで高速充電することができ、バッテリー容量が増えても充電時間はこれまでよりも短くなっています。

「iPhone 11」についても、XRより最大1時間長いバッテリー駆動時間ということで、実用には何ら不満のないレベルになっています。

また、RAM容量については3機種とも4GB RAMを搭載しています。

IPhone11 4gbram

これまではエントリーモデルとハイエンドモデルとで搭載されるRAMの容量が違いましたが、2019年モデルはすべて同じ。

というわけで実質的なスペックは横並びとなります。
これでますます「iPhone 11」の人気に火が付きそう。

RAM容量

  • iPhone 11:4GB
  • iPhone 11 Pro:4GB
  • iPhone 11 Pro Max:4GB

(参考)旧モデルのRAM容量

  • iPhone XR:3GB
  • iPhone XS:4GB
  • iPhone XS Max:4GB

ちなみに「iPhone 8」は2GB RAM、「iPhone 8 Plus」は3GB RAMを搭載しています。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー