スマホ用スタビライザーDJI Osmo Mobile 3、小さく収納できて前モデルより80g軽量化

DJIOsmoMobile3 05

DJIのスマートフォン向け3軸ジンバル(スタビライザー)の新型モデル「Osmo Mobile 3」の存在が明らかになっています。

FCCに提出された書類によって明らかになったもので、市場に登場するのもそう遠くはなさそうです。

現行モデルの「Osmo Mobile 2」が登場したのは、2018年の春頃。つい先月、DJIの夏セールとして在庫処分も行われており、現在の流通在庫は少なめ。なので、そろそろ新型が登場するかな〜と予想されていた方も多いのではないでしょうか。

今回の「Osmo Mobile 3」では、アーム部分を折りたたむことができるようになっていて、「Osmo Mobile 2」と比べてかなりコンパクトに持ち運べるようです。

DJIOsmoMobile3 01

これが一番大きな進化と言えそうです。DJIOsmoMobile3 manual 03

充電ケーブルはmicroUSBのまま。
マニュアルには、3.5時間の充電で最大15時間の使用が可能とあります。(おそらく静止した状態でのバッテリー駆動時間)ちなみに、バッテリーは2600mAhの18650バッテリーが内蔵されています。

DJIOsmoMobile3 04DJIOsmoMobile3 03

スマートフォンを固定するマウンター部分。
少し角度がついています。

厚めの保護ケースを装着したままでも取り付けられるように?

DJIOsmoMobile3 02

展開時のサイズは286×126×98 mm。
収納時のサイズは157×130×46 mm。
重さは405g。

スマートフォンとはBluetoothで接続。
Bluetooth 5.0に対応しています。

「Osmo Mobile 2」の重さは485gなので、80gの軽量化になります。
これも大きな変化ですね。

DJIOsmoMobile3 manual 01DJIOsmoMobile3 manual 02

使い方は旧型モデルと変わりません。
インターフェイスも同じですが、グリップの裏側にアクティブトラックをオン・オフするロックボタンが追加されています。

 Osmo Mobile 3

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー