RAMも速い!iPhone 12 mini VS iPhone 11 VS iPhone SE 2 Antutuベンチマーク結果

iPhone 12 miniでベンチマークテストを行い、iPhone 11やiPhone SE 2と比べてみました。

  • iPhone 12 miniのスペック:A14 Bionicチップ、4GB RAM
  • iPhone 11のスペック:A13 Bionicチップ、4GB RAM
  • iPhone SE 2のスペック:A13 Bionicチップ、3GB RAM

使用したベンチマークソフトはAntutuです。

AntutuのベンチマークはCPUだけではなく、GPU / RAM / UXのベンチマークも行われ、そのトータルのスコアが算出されます。

IPhone12mini AntutuBenchmark 00

その結果がこちら↓

Antutuベンチマークのトータルスコア

  • iPhone 12 mini:579903
  • iPhone 11:502305
  • iPhone SE 2:475342

トータルスコアの差はこんなもんかという印象。

そんなにインパクトはありません。

さらに細かく、CPU / GPU / RAM / UXのスコアでiPhone 11とiPhone 12 miniを比較すると、CPUのスコアにかなりの差があることが分かります。

IPhone12mini AntutuBenchmark 05

GPUのスコアは殆ど同じ。
グラフィック処理能力はほぼ同等ということになります。

ちょっと意外ですが、ゲームプレイに使うのならiPhone 11とそんなに差は無いようです。

注目したいのがRAMのスコアで、CPUと同じく、こちらもかなりの差があります。

iFixitの分解レポートによると、iPhone 12 miniとiPhone 12に搭載されているRAMは同じMicron製のLPDDR4 SDRAMで4GB。

LPDDR4XでもLPDDR5でも無いのに、これだけ速い!?

iPhone 11に搭載されているRAMはSK Hynix製LPDDR4X RAM 4GBなので、それよりも速いということになります。

IPhone12mini AntutuBenchmark 02

というわけで、iPhone 11からiPhone 12になって大きく変わったのは、CPUとRAMのパフォーマンス

GPUはそんなに変わらないという結果になりました。

ちなみに、5nmプロセスになったA14 Bionicチップですが、ベンチマークなどの重い処理を行うと普通に発熱します。筐体の小さいiPhone 12 miniということもありますが、発熱に関してはiPhone 11とそんなに変わらないようです。むしろ、ちょっと熱いくらい。

コンパクトモデルの宿命として仕方ないけどね。

関連するエントリー

dtv