iPhone 12シリーズ4機種の搭載バッテリーとRAMの容量が判明

IPhone12promax battery

11月に登場するiPhone 12 Pro Maxのバッテリー容量が明らかになっています。

ソース元は、お馴染み中国のTENAAに登録されている内容から。

それによるとiPhone 12 Pro Maxに搭載されているバッテリー容量は3687mAh

iPhone 11 Pro Maxは3968mAhのバッテリーが搭載されていたので、それより281mAhも少なくなります。バッテリー容量は少なくなりますが、駆動時間は変わりません。

  • iPhone 12 Pro Max:ビデオ再生20時間 / ストリーミング再生12時間
  • iPhone 11 Pro Max:ビデオ再生20時間 / ストリーミング再生12時間

また、重さも同じです。

  • iPhone 12 Pro Max:226g
  • iPhone 11 Pro Max:226g

iPhone 11の時と違い今年のiPhone 12 Pro Maxは、iPhone 12 Proよりもカメラ性能が強化されているので、そのパーツの分バッテリーが小さくなっていると考えられます。バッテリー容量はやや少なくなりますが、5nmプロセスのA14 Bionicチップによりバッテリー駆動時間は同じままなので、実用に関して全く影響はありません。

iPhone 12シリーズのバッテリー容量は以下の通り。

  • iPhone 12 mini:2227mA
  • iPhone 12:2815mAh
  • iPhone 12 Pro:2815mAh
  • iPhone 12 Pro Max:3687mAh

重さもついでに。

  • iPhone 12 mini:133g
  • iPhone 12:162g
  • iPhone 12 Pro:187g
  • iPhone 12 Pro Max:226g

搭載されているRAMはベンチマークテストにより明らかになっています。

  • iPhone 12:4GB RAM
  • iPhone 12 Pro:6GB RAM

11月に登場するモデルはまだ不明ですが、10月に登場したモデルと共通のロジックボードが使用されるので、iPhone 12 miniは4GB RAM、iPhone 12 Pro Maxは6GB RAMが搭載されると予想できます。

iPhone 11の時は無印もProも共通で4GB RAMが搭載されていましたが、今回はProモデルは6GB RAMを搭載していることから、スペックが横並びというわけではなくなりました。

関連するエントリー

 Rakuten UN-LIMIT

先着300万名を対象に1年無料の楽天モバイルRakuten UN-LIMIT。楽天回線エリアならデータ通信使い放題、電話かけ放題。パートナーエリアでも月5GB、さらに超過後でも1Mbpsの速度で通信できます。