Google PayがVISAデビットに対応、NFC搭載の端末ならどれでもOK

GooglePay VISADebit 01

Androidの「Google Pay」で、銀行系VISAデビットが使えるようになりました。

対応したのは、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行のVISAデビットカード。

Androidスマホの「Google Pay」にVISAデビットカードを登録することにより、VISAタッチ決済対応店舗やオンラインでスムーズでセキュアな支払いが行えるようになります。

OSのバージョンがAndroid 5.0以上で、NFC対応端末で利用できます。

VISAタッチ決済は、Felica非搭載でおサイフケータイ非対応の端末であっても、NFCチップが搭載されていて、Android 5.0以降のバージョンなら非接触決済が使える決済サービスです。

日本国内の決済サービスとは異なり、世界中のVISAタッチ加盟店で決済できるというメリットもあります。

GooglePay VISADebit 02

国内の主なVISAタッチ加盟店としては、ローソン、ツタヤ、マクドナルド、関西空港、表参道ヒルズなどがあるようです。

今回新しく「Google Pay」に対応したことで、これまでよりも普及はするでしょうね。

レジにあるリーダーにスマートフォンをタッチするだけで、サインも暗証番号の入力も不要、スピーディー かつ安全に支払いが完了するので、普通にVISAデビットカードを出して使うよりも楽なのもメリットの1つ。

カードの登録など設定は、Androidの「Google Pay」アプリで行えます。

JNB VISAデビットならバーチャルで番号だけをすぐに作れるので、リアルカードが届くのを待つ必要がなくておすすめです。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー