ホントに?iPhone 11 Pro Maxのビデオ撮影機能は2019年のスマホで一番

Dxomark score

DxOMarkが、2019年の年間ベストスマホカメラを発表しています。

ベストビデオ撮影は「iPhone 11 Pro Max」、ベストズームは「Xiaomi Mi CC9 Pro Premium Edition」、ベスト超広角レンズは「Samsung Galaxy Note 10+ 5G」が獲得。「iPhone 11 Pro Max」は超広角レンズも高く評価されていて、「Samsung Galaxy Note 10+ 5G」の次に良いスコアとなっています。

ただ、飛び抜けて「iPhone 11 Pro Max」がスゴイというわけではなく、ランキングのスコアは僅差です。

2019年に登場したハイエンドスマホのほとんどが、高いカメラ性能を備えているということを実感するランキングですね。

 

個人的に、DxOMarkのスコアにはちょっと納得の行かない部分があって、この結果を盲信するのもちょっとなあ・・・という感じもあります。

そもそもあのスコア、どうやって算出しているのか?という謎も多いです。

別にひねくれてるわけじゃなくて、実際に「iPhone 11」のビデオ撮影では「ちょっとクソ」な部分もありますからね。

手ブレ補正はかなり凄くて、ゆっくり移動すればミニ三脚で手持ちでもスタビライザー要らずだったり。ちょっと薄暗い場所でも、そこそこ明るく撮影できたり。内蔵マイクがステレオ録音対応になって、周囲の音を良く拾ってくれるようになったりでめちゃくちゃ進化はしているんですけど、ホワイトバランスが狂うというクソみたいな不具合があります。

照明の当たり具合によっては白飛びしてしまうというもので、以前使っていた「iPhone 8 Plus」では発生しなかった現象です。

DXOMarkのレビューでは、屋内でのみまれに発生するとありますが、普通に屋外でも発生しますし、なんなら日中の直射日光がガンガン当たっているシーンでも発生します。

なのにこの現象、スコアには一切反映されていないんですよね。

 

・・・ティム・クックと会食でもした?

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー