AmazonカードでauPay残高をチャージするには?

AuPay amazoncard charge 06

Amazonカードを使ったauPayへの残高チャージ。
Amazonカードの付帯ブランドはMastercardなので、auPayの残高チャージに対応しています。

ただし、発行したままの状態では残高チャージすることはできません。

残高チャージをする前に、マスターカードセキュアコード(本人確認・3Dセキュア)の設定を行う必要があります。

auPay以外のキャッシュレス決済サービスやネットショッピングでも、3Dセキュアが必要なサービスで決済するには、この設定が必要になります。

Amazonカードの利用明細や管理は、三井住友カードのVpassで行うことになっていて、マスターカードセキュアコードの設定もこちらで行いますが、特別な設定は必要なく、AmazonカードをVpassに登録するだけでセキュアコードが使えるようになります。

AuPay amazoncard charge 01

Vpassにカード情報を登録。
カード番号とスマートフォンの電話番号を入力します。

AuPay amazoncard charge 02

SMSでワンタイムパスワードが届くので、それを入力します。

ユーザーIDとパスワードは任意のものを。
あとはメールアドレスの入力だけで、ユーザー登録は完了します。

AuPay amazoncard charge 03

これでVpassの登録が完了しました。

ネットショッピング認証サービスの説明にもある通り、マスターカードセキュアコードはVpassのパスワードがそのまま使えます。スマホアプリのOne Time Passを使えばワンタイムパスワードも使えるようになりますが、Vpassに登録しておけば不正利用時には補償されるので、特に必要は無いでしょう。

これで3Dセキュアが使えるようになったので、auPayにチャージしてみます。

AuPay amazoncard charge 08

チャージからクレジットカードを選択。

AuPay amazoncard charge 04

クレジット情報を登録したら、金額を選択してチャージをタップ。

AuPay amazoncard charge 05

マスターカードセキュアコードの画面に移行します。
ここでVpassのパスワードを入力。

AuPay amazoncard charge 07

残高チャージが完了しました!

Vpassのログインパスワードがそのまま使えるということで、パスワードの管理はしっかり行いたいところです。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited