auPayはクレカで残高チャージできる、MasterCardかAMEXで

AuPay CreditCharge 02

auPayは、あらかじめチャージした残高から支払うQRコード決済ですが、嬉しいことにクレジットカードからチャージすることができます。

買い物をする側にとっては、これは大きなメリットとなります。

auPayの還元とクレジットカードの還元を二重取りできますし、支払いは翌月末払いになり、支払いがキツければ分割払いにすることもできます。(リボ払いはおすすめしませんが)

といっても、全てのクレジットカードが使えるというわけでは無く、Kyashカードも非対応となっています。

auPayに残高チャージをする

残高チャージを行うには、auPayのトップ画面からチャージをタップ。

auユーザーでない一見ユーザーは、セブン銀行ATMで現金チャージするか、クレジットカードでチャージするのがベスト。

AuPay CreditCharge 03

チャージできる金額は、予め指定された金額で3,000円から
上限は10万円までとなります。

このチャージの仕様だと必ず端数が生じますね。
クレカチャージで20%還元の恩恵の前には微々たることですけど、キャンペーンが終わったらデメリットになりそう。

AuPay CreditCharge 01

auPayにチャージできるクレカは?

クレジットカードで残高チャージができるauPayですが、クレジットカードのブランドによっては、チャージできるものとできないものがあります。

VISAとJCBは一部の発行元のみ対応で、MastercardとAmerican Expressはどの発行元でも対応しています。

  • Mastercard:全て使える
  • AMEX:全て使える
  • JCB:セゾンカード、TS CUBIC CARDのみ
  • VISA:au WALLETカード、セゾンカード、UCカード、MUFGカード、DCカード、NICOSカード、TS CUBIC CARD、EPOS CARDのみ

楽天カードは、VISAとJCBはチャージには使えません。Mastercardは使えます。
Amazonカードは、Mastercardなので使えました。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited