VISAやJCBの楽天カードでもauPayにチャージできる方法がある

AuPay rakutencard charge 01

auPayの残高チャージに楽天カードは使えるのか?

auPayのチャージに使えるクレジットカードは、一部のVISAとJCB、そしてMastercardとAMEXとなっています。VISAまたはJCBで楽天カードを作っている場合は、auPayにチャージすることはできません。

・・・が、楽天バーチャルプリペイドカードというサービスを使えばチャージすることができます。

楽天バーチャルプリペイドカードは、使い切りのバーチャルカードを即時発行できるサービスで、付帯ブランドはMastercardになります。購入金額は500円~30,000円で選択でき、楽天カードユーザーなら今すぐに作れるというもの。

つまり、ブランドにVISAやJCBを選択した楽天カードユーザーでも、このバーチャルカードを使えばauPayにチャージできるというわけです。

楽天バーチャルプリペイドカードの特長

  • Webで即時発行(カード番号のみ発行)
  • ネットショッピングのみで利用可能
  • 購入した金額分を使い切り
  • ブランドはMastercard
  • カード名義は自由に設定できる
  • 有効期限は発行から1年間
  • 残高の払い戻しはできないが、新しいバーチャルカード作成で残高を移行できる
  • 発行した金額は楽天カードで支払い(翌月1回払いのみ、楽天ポイント付与の対象外

楽天バーチャルプリペイドカードを作ろう!

AuPay rakutencard charge 02

楽天バーチャルプリペイドカードの発行は、e-naviから行えます。

500円~30,000円までの購入金額を選択。
auPayにチャージしたい金額にします。

カード名は管理用のもので、実際のカード名義とは違い適当でかまいません。

AuPay rakutencard charge 03

実際に使っている楽天カードの確認番号を入力します。
あとはカード名義を入力。

これでバーチャルカードが発行されます。

AuPay rakutencard charge 06

バーチャルカードの確認はe-naviから。
カード一覧の「詳細はこちらから」に進むとカード番号を確認できます。

AuPay rakutencard charge 07

これでMastercardができました!

ただ、このままではauPayにチャージすることはできません。

あとひと手間必要です。

AuPay rakutencard charge 08

メニューにある「本人確認サービス」に進みます。

3Dセキュアというやつですね。
これを設定しておかないと、3Dセキュアを使った決済サービスでは使えません。

AuPay rakutencard charge 09

任意のパスワードを設定します。
半角英数字で4〜20桁、すぐに全額チャージして使い切るので使いやすいパスワードで構いません。

AuPay rakutencard charge 10

本人確認サービスのパスワードを登録したら、いよいよauPayのチャージに進みます。

作ったバーチャルカードでauPayにチャージしよう

auPayのチャージからクレジットカードに進み、先程作成したバーチャルプリペイドカードのカード情報を入力して登録。チャージ額を選択してチャージするをタップします。

AuPay rakutencard charge 11

AuPay rakutencard charge 12

本人確認用のパスワード入力画面に移行。
先程設定したパスワードを入力します。

扱いはWebMoneyとなっています。

AuPay rakutencard charge 14

残高チャージは即時反映されますが、混雑状況によっては5〜10分かかる場合もあるとのこと。

レジに並ぶ前にチャージしておきたいですね。

というわけで、楽天カードでもauPayにチャージできました!
楽天ポイントは付かないので、最終手段ということで。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited