ARM Macは2021年前半に登場、Intel Macはいつまで?

Armmac 2021

ARM Macが2021年の前半に登場する、アナリスト予想。

最新のApple製品予想でおなじみのアナリストMing-Chi Kuo氏のレポートでは、Appleが設計したARMベースのチップを搭載したMacは、2021年の前半にリリースされる予定となっています。

ARM Macに搭載されるチップは、iPhoneやiPadに搭載されているAシリーズチップと同じARMベースのSoCになるとされており、5nmプロセスで製造されるとのこと。

5nmプロセスのAシリーズチップは、2020年モデルのiPhoneやiPadにも採用される見通しです。

現在のIntel製CPUからARMベースのSoCに変更されることで、Intel製CPUに存在する脆弱性と、それを修正することによるパフォーマンスの低下といった諸々の影響を受けなくなります。

iOSアプリもそのまま動作することが可能になるので、iOSとiPad OS、そしてmacOSとで同じアプリを使い、iCloudでデータを同期するという使い方が主流となりそうです。

ただし、Intel MacからARM Macへの移行についてはかなり微妙なところで、現在使っているアプリケーションの互換性は全く期待できないので、Macをガンガン使い込んでいればいるほど、現在のIntel Mac環境をそのまま移行させるというのは不可能になります。

Maclineup

Appleもそれは十分承知しているはずなので、いきなりMacのラインアップがARM Macに置き換わることは考えられません。しばらくの間は、仕事などの作業に使うのならIntel Mac、YouTubeやサブスク、WebやSNSを閲覧するといった使い方ならARM Macという棲み分けが行われると思います。

Intel MacとARM Mac。
ということは、macOSも2バージョン存在するようになるのか。

ただでさえ開発リソースが足りていなくてバグまみれなのに、大丈夫?

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited