WWDC 20でA14チップベースのARM Macが3種類発表、省電力や薄型化に期待

Wwdc2020 onlineevent

6月22日から開催されるWWDC 20では、ARMベースのMacがいよいよ発表されるとBloombergが伝えています。

数年前から噂に出ていたARM Mac、開発はかなり進んでいるようで、多くの人が予想していたよりも少し早くお披露目となります。

WWDCはAppleが毎年開催しているアプリ開発者向けのイベントで、基調講演ではiOSやmacOSの最新バージョンの情報やいくつかの新製品の発表が行われることになっています。

今年のWWDC 20は、新型コロナの影響でオンライン配信のみでの開催となりますが、ARM Macが発表されるということで、注目度は例年通りかそれ以上になるのは間違いないでしょう。

また、ARM Macの他にも「iOS 14」や「AirTags」などの新製品の発表も予想されています。

今回のイベントで発表されるARM Macについての情報ですが、ちょっと興味深いのが、A14チップベースのCPUを搭載した3種類のMacが登場するということです。

A14チップは、今年の秋に登場する「iPhone 12」シリーズに搭載されるSoC。それが本家よりも早くお披露目されるということになります。(実際に「ARM Mac」のハードウェアが発売されるのは「iPhone 12」よりも後になりますが)

A14チップをベースにコアやキャッシュを増やしたカスタムSoC、iPad Proに搭載されるSoCのような感じでしょうか。

Armmac wwdc20

A14チップは、「iPhone 11」シリーズに搭載されているA13 Bionicチップ(7nmプロセス)からさらにシュリンクされた5nmプロセスで製造されます。シュリンクされることで低発熱・省電力が期待されるので、これがMacBookファミリーに搭載された場合、バッテリー駆動時間の延長やバッテリー容量を減らすことでの軽量化・薄型化など、現在のIntel Macより優れているポイントもいくつか出てくる可能性があります。

ただ、ソフトウェア面では互換性がなかなか厄介で、Intel Macで環境を構築しているユーザーがおいそれとARM Macに移行するのは厳しいものがあります。

全てのMacはいずれARM Macへ移行されるということですが、まずは発表でどんな感じになるのかをチェックしてみましょう。

「ARM Mac」や「AirTags」が発表されるWWDC 20は6月22日から開催されます。開催スケジュールが例年通りなら、基調講演は6月23日の午前2時頃になります。

関連するエントリー

 U-NEXT 31日間無料体験!

国内最強のサブスク動画配信サービス。使ってみてわかる作品の豊富さ。料金分の価値は確実にある。まずは31日間無料体験で。