大幅パワーアップした2020年モデルのMacBook Air、ベンチスコアで比較する

MacBookAir2020 benchscore 03

大幅にスペックが向上した2020年モデルの「MacBook Air」。

どれだけパワーアップしたのかをチェックするには、ベンチマークスコアが一番わかりやすいということで、2018年モデルとベンチマークスコアを比較するとご覧の通り。

  • 2018年モデル:シングルコア780 / マルチコア1640
  • 2020年モデル:シングルコア1078 / マルチコア2347

CPUとRAMの構成

  • 2018年モデル:第8世代のCore i5@1.6 GHz, 8GBのLPDDR3@1066 MHz
  • 2020年モデル:第10世代のCore i3@1.1 GHz, 8GBのLPDDR4X@1866 MHz

Core i5@1.6 GHzよりも、Core i3@1.1 GHzの方が処理能力が遥かに上という結果になっています。

2020年モデルの標準構成には、第10世代の1.1GHzデュアルコアIntel Core i3と1.1GHzクアッドコアIntel Core i5があります。

当然、Intel Core i5の方はさらにスコアが高くて、シングルコア1166 / マルチコア3325というスコアまで叩き出しています。このスコアはシングルコアだけで見れば「Mac Pro (Late 2019)」の1147と同等、マルチコアなら「15インチMacBook Pro (Mid 2017)」の3394と同等。

このスペックなら動画編集もそこそここなせそう。もちろんGPUも強化されてるしね。

MacBook Air 2020年モデルのベンチスコア

MacBookAir2020 benchscore 01

MacBook Air 2018年モデルのベンチスコア

MacBookAir2020 benchscore 02

処理能力だけじゃなくて、SSDも2倍になったしキーボードもバタフライ構造に変更されているので、それを考えるとかなり本気のアップデートをしてきたなと感じますね。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited