iPad Proの「LiDARスキャナ」の凄さが分かる動画が公開

2020ipadpro LiDARScanner 02

2020年モデルのiPad Proに搭載されている「LiDARスキャナ」の凄さがわかる映像がTwitterにアップされています。

実際の空間をワイヤーフレームに変換して3Dデータとして取り込む、これをリアルタイムでやっています。「LiDARスキャナ」は最大5mまでの範囲で使うことができ、光を反射させてそれを測定するこおでナノ秒のスピードで動作すると言われていますが、実際にこうやって見るとその凄さがよくわかりますね。

リアルタイムで3Dデータとして取り込めるので、ARオブジェクトの配置がこれまでよりちゃんとしたものになり、より臨場感のあるARアプリやARゲームが期待できます。

この「LiDARスキャナ」は、次世代iPhoneにも搭載されるという噂もありますが、そうなると裾野が一気に広がり様々な活用方法が編み出されるでしょうね。

2020ipadpro LiDARScanner 01

リアルタイムでワイヤーフレームが構築されるのが、ちょっと衝撃的。

ほんまマトリックスの世界。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited