MacにiPhoneを接続したら「アップデートが必要です」という表示が出たけど

IPhoneupdate hituyoudesu 01

先日、iPhoneで撮影した動画をMacにコピーしようとiPhoneを接続したところ「iPhoneに接続するにはソフトウェア・アップデートが必要です。」というポップアップメッセージが表示されました。

は?

なんで?

接続したのは「iPhone 11」で、iOSのバージョンを13.4にアップデートしたばかりだったので、これが原因かと思いAppleのサポートページを調べると、解決方法として以下のような内容がありました。

Mac で iOS デバイスをアップデートまたは同期できるように、「インストール」をクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。それでもこの警告が表示される場合は、Mac のソフトウェアと iTunes が最新バージョンになっているか確認してください。

いやいやいや、それだけはご勘弁を!

この時のMacは、2018年モデルの「MacBook Air」。
OSは「macOS Mojave」のまま使っていました。

どうやら、これを「macOS Catalina」にアップデートさせたいらしい。

iPhoneを接続するためだけに、それはちょっと・・・

IPhoneupdate hituyoudesu 03

うーん、困った。
転送速度がちょっと遅いけど、AirDropでファイルを送ればいいかな。

IPhoneupdate hituyoudesu 02

・・・などと考えつつ、アップデートする気はさらさらないので「今はしない」というボタンをポチッと押してみたところ、アップデートを回避しつつ、今まで通り普通に「イメージキャプチャ.app」を使ってファイルを送信することができました。

このポップアップメッセージが表示されても、インストールしたくない場合は「今はしない」で回避すればいいみたいですね。

このポップアップメッセージは、macOS 10.11以降で表示されるようになったそうですが、毎回表示されるというわけではなく極稀に表示されるようです。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited