iPhone 12 Proの保護ケース写真でチェック!2020年モデルの本体デザイン

IPhone12 cgmockup 02

こちらの画像は、とある保護ケースメーカーが公開したiPhone 12の製品写真。

実物ではなく、モックアップを使って仕上げた画像になります。

トリプルカメラになっているので「iPhone 12 Pro」用の保護ケースでしょうか。カメラユニットはちょっと怪しいですが、本体のデザインをチェックするには十分です。

秋に登場するiPhone 12シリーズは、iPhone 6から続くデザインを廃止し、端がシュッとしたデザインに変更されるとされています。現行モデルで言えばiPad Proのようなデザインですね。背面はガラスパネルになるので、iPhone 4と似ていると言われています。

IPhone12 cgmockup 03

ボリュームボタン、ミュートスイッチ、電源ボタンは、位置も大きさも「iPhone 11」とあまり変わりません。

IPhone12 cgmockup 04

SIMカードトレイは、本体右にあったものが左に変更されています。

これはつまり、内部の設計も大きく変わるということ。

IPhone12 cgmockup 05

フロントにあるノッチがやや小型化されるという話もありますが、こちらの画像では確認できません。

保護ケースメーカーからすると、ノッチが小さかろうが大きかろうが作るケースのサイズは変わらないので、その辺に興味は無いのでしょう。本体下をチェックすると、Lightningポートの左右にスピーカーとマイクがあります。「iPhone 11」と比べると、マイク用の穴が半分ほどになっています。

IPhone12 cgmockup 06

こちらの画像でも同様に、マイク穴の数が減っています。

見た目の変化はそのくらいですかね。

iPhone 5やiPhone SEは手に持ったときのフィット感がすごく良かったですけど、あれは本体サイズがコンパクトなのも効いていたと思います。本体サイズがそこそこ大きくなったiPhone 12シリーズでは、手に持ったときのフィット感はどんなものでしょうか。従来の曲線デザインの方が持ちやすかったりして?

関連するエントリー

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。