ペリスコープ望遠レンズが搭載されるのは2022年モデルのiPhone 14から

Periscopelens iPhone14

次世代のiPhoneに搭載されるという、ペリスコープ望遠レンズについての噂が出ています。

アナリストMing-Chi Kuo氏の最新レポートによると、iPhoneに搭載されるカメラレンズを供給するサプライヤーとして、新しく、韓国のSemcoと中国のSunny Opticalが2020年〜2021年にかけて参入するそうです。

2022年に登場する「iPhone 14」にはペリスコープ望遠レンズが搭載されると言われていて、このペリスコープ望遠レンズを供給するのは、現在のiPhoneのカメラレンズを供給する台湾Genius Electronic Opticalではなく、韓国のSemcoになる模様です。

ペリスコープ望遠レンズってなんぞ?

ペリスコープ(潜望鏡)の構造を用いたカメラレンズのこと。

通常のカメラレンズは複数枚のレンズを縦に重ねて、その下にイメージセンサーが搭載されています。

一方、ペリスコープレンズは、複数枚のレンズを横に重ねてその横にイメージセンサーを配置することができるので、カメラモジュールを分厚くすることなく、多くのレンズを搭載できるメリットがあります。

カメラを突出させずに望遠レンズを搭載するには、ピッタリの構造なんですね。

Huaweip30ifixit periscope
(Photo: iFixit

こちらは、Huawei P30 Proに搭載されているペリスコープ望遠レンズのカメラモジュール。

普通のカメラモジュールと比べると横に大きいですが、厚みは変わりません。

P30pro periscope

一番下のレンズがペリスコープ望遠レンズ。
普通のレンズとは違うのがわかりますね。

デジタルズームで最大50倍ズームが可能な望遠レンズとなっています。

iPhoneでもこのようなペリスコープ望遠レンズが搭載されるのは、2021年モデルではなく2022年モデルになるということで、かなり先の話。実際に搭載されるのはハイエンドモデルのProのみになるでしょう。

関連するエントリー

 本を聴くAudible 1冊無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。