iPhone 12のディスプレイは11 Proより暖色系で目に優しい!

iPhone 12のディスプレイはちょっと黄色い?

同じ有機ELのSuper Retina XDRディスプレイを搭載したiPhone 11 ProとiPhone 12 Proでも、並べて比較すると・・・確かに、iPhone 12 Proの方がやや暖色系の色合いになっていることが分かります。

発売されたばかりの製品なので、経年劣化によるものではありません。

IPhone12Pro 11Pro kibami 01

こちらが比較写真。

この色味の違いのせいでしょうか、1年使ったiPhone 11 Proより、新品のiPhone 12 Proの方が古めかしい感じがちょっとありますね。

でも、文字を見るならiPhone 12 Proの色味の方が良くないですか?

白バックに黒文字を読むなら、やや暖色系にしてディスプレイの明るさを落とした方が目に優しく、ストレスを感じずに長時間読むことが出来ます。

どうしても寒色系のディスプレイが良いという人は、True Toneをオフにするとかなりマシになります。

設定 > 画面表示と明るさ からTrue Toneをオフに。

IPhone12Pro 11Pro kibami 02

AppleサポートのページにはSuper Retina XDRディスプレイの特長について、以下のような説明が掲載されています。

OLED ディスプレイを見る角度を変えると、色味や色合いが若干変化するのに気付くかもしれません。これは、OLED の特性で、問題ではありません。長期的に使っているうちに、見え方に若干の変化が見られる場合もあります。これもまた予想されることで、「残像」や「焼き付き」など、画面に新しい画像が表示された後も前の画像がかすかに残って映るといった現象も、起きるようになる場合があります。また、OLED や LCD など、どのディスプレイも経年劣化に伴い、明るさが落ちていく傾向にあります。これは、消費家電製品にはつきものの現象です。

この程度の色味の違いは、仕様ということでしょうか。

今回の場合は、新品なので経年劣化による変色は関係無いし、真正面で比較しているので見る角度による色味の変化も関係ないんですけど、全てがOLEDの特性で片付けられる感じはありますね。

IPhone12Pro 11Pro kibami 03

こういう比較写真もどこまで公正なのかという部分もあるし、11 Proの方はTrue Toneをオフにしている可能性もあるし、疑いだしたらきりがない。

というわけで、こういう細かいことは気にしないのが一番!

なんてったって、iPhoneは消費家電製品なのですから。(Appleがそう言っている)

むしろ、暖色系の方が目に優しいまであります。

関連するエントリー

 本を聴くAudible 1冊無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。