iPhoneのフロントカメラに映る自分の顔がおかしい理由と対策

IPhone frontcamera synmetrical

iPhoneのフロントカメラで撮影すると、なんかヘン?

自分の顔に違和感を感じません?

いつもの鏡で見ている自分の顔じゃないという違和感。

これは、鏡が左右反転している顔を映しているからです。

その鏡の左右反転した顔を見慣れているから、フロントカメラで撮影した自分の顔がヘンに感じるというわけです。美形の条件には左右対称に限りなく近いというものがありますが、多くの人の顔は左右対称とは程遠く、それが反転すると違和感を覚えることになります。

iPhoneにはご丁寧にも、その違和感を解消できる設定が備わっています。

設定 > カメラに進み、構図にある「前面カメラを左右反転」という項目をONにしてみてください。

これで違和感のない顔になるはずです。

Ios frontcamera hanten

フロントカメラで撮影された映像が左右反転して記録されます。

これなら、動画編集で左右反転する手間もかかりませんね。

ただ、文字も左右反転されてしまうので、場所によってはちょっと変な感じになるかも。

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

2,980円でデータ容量10GB、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る「スマホプランR」が提供開始!