iPhone 12 miniだけMagSafe充電で最大12W(他のモデルは15W)

当サイトの記事には広告が含まれます。

iPhone 12 miniを購入する前に知っておくべきこととして、MagSafeを使った際の最大出力が、iPhone 12やiPhone 12 Proなどよりも少し遅くなるということがあります。

これは、本日、Appleサポートで公開された「MagSafe 充電器を iPhone 12 モデルで使う方法」というページで明らかになったもので、iPhone 12シリーズでMagSafe充電を行う場合、iPhone 12やiPhone 12 Proなどでは最大15Wでの高速ワイヤレス充電が可能なのに対して、iPhone 12 miniだけは最大12Wになるということです。

IPhone12mini magsafe max12w 02

実際のところ、12Wってどうなんでしょう?

Qiワイヤレス充電だと7.5Wなので、それと比べるとかなり早いですし、iPhone 12 miniはバッテリー容量が少ないので他のモデルと比べてそれほど困ることもないかな?と見ていますが。どうでしょうか。

さらにこのサポートページには、iPhone 12 miniのMagSafe充電に関する項目とは別に、MagSafe使用時に注意したい点も記載されていました。

それは、Lightningアクセサリを接続した状態だと、MagSafe充電でも7.5Wに制限されるということ。

有線イヤホンのEarPodsやその他のLightningアクセサリを挿しっぱなしの状態だと、MagSafe充電器を使ってもQiワイヤレス充電と同じ7.5W出力で充電されるとあります。ちょっと注意が必要ですね。

IPhone12mini magsafe max12w 01

MagSafe充電器を使うには、20W以上のUSB-C電源アダプタが必要です。

Lightningケーブルでの高速充電に関しても、iPhone 12シリーズの場合は20W以上の電源アダプタが必要となります。18WのUSB-C電源アダプタは、iPhone 12シリーズの高速充電では使えないので注意してください。

関連するエントリー

PR

 無料体験 Amazon Music Unlimited

音楽聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる!インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料でお試し。