旧型のIntel Mac向け、macOS Big Surのアップデートを無効にする方法

古いバージョンのmacOSを使い続けていてちょっと困ることが、定期的に出現するアップデートがありますというポップアップ表示。

Bigsurblocker update 01

このポップアップ表示を消すには、おとなしくアップデートするか、後で行うから明日再通知するを選択するしかありません。

Bigsurblocker update 02

そして、明日再通知を選択した場合は、また再びこのポップアップ表示が出現します。

アップデートする意思が全く無いユーザーにとっては邪魔なだけなので、このループ状態は解消した方がいいでしょう。

まずは、ソフトウェア・アップデートにあるMacを自動的に最新の状態に保つのチェックを外します。

詳細に進み、アップデートを確認のチェックも外します。

ただし、これをやるとセキュリティアップデートやApp Storeの更新確認されなくなってしまうので、利便性は低下します。

Macosnotupdate 02

macOS Big Surのアップデートを阻止するには、以下のコマンドをターミナルに入力します。

softwareupdate --ignore "macOS Big Sur"

これでmacOS Big Surのソフトウェア・アップデートだけが無効化されます。

Ignored updates:
(
"macOS Big Sur"
)

Ignoring software updates is deprecated.
The ability to ignore individual updates will be removed in a future release of macOS.

メッセージによると、Appleはソフトウェア・アップデートを無効化することを推奨しておらず、個々のmacOSアップデートを無効化する機能は将来的に削除されるとあります。

そんなことしたら、ますますアップデートを控えるユーザーが増えそうですけどね。

この他、macOS Big Surの自動アップデートをブロックするアプリもあります。

Bigsurblocker update 04

Big Sur Blocker」はパッケージファイル形式でも配布されているので、誰でも簡単に導入できます。

macOS Big Surのインストーラーが起動したら、自動的にプロセスを終了させてアップデートをブロックしてくれるというスクリプトです。

macOS Big Surにアップデートしたくない場合は、保険として入れておくといいでしょう。

ポップアップの操作で間違えてアップデートを選択してしまっても、最後の最後で阻止してくれます。

アンインストールする場合は、GitHubにあるUninstallの項目にあるコマンドを入力します。

関連するエントリー

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料で!