最近のmacOSにはiTunesが無い、iPhoneのデータはFinderで管理できるけど・・・

iPhone 12 miniのとある古いアプリにデータを転送しようとして、LightningケーブルでM1 Mac miniと接続したところ、iTunesが無いことに気づきました。

あ、そう言えば、macOS BigSurにはiTunesが無いんだった・・・

というか、macOS CatalinaからすでにiTunesは廃止されていたんですね。これまでmacOS Mojaveをずーっと使ってきていたので、全く気づきませんでした。

ちょっとカルチャーショック。

MacOSbigsur iPhone12 03

iTunesの代わりとして、FinderにiPhoneの状態が出るようになっています。

ここから、バックアップやミュージックなどメディアの同期と管理が行えます。

最近はバックアップもiCloudで自動でやれるし、音楽はサブスクが主流でローカルにダウンロードしなくなったしで、iTunesが無くなったのは仕方の無い事とはいえ、無くなるとちょっと困ることもあります。

Finderに統合されたiPhoneのデータ同期機能。

やれることは一通りできますが、アプリのデータ管理についてはあまり使い物になりません。古いアプリは表示すらされなくなっていて、データの同期もできませんでした。

MacOSbigsur iPhone12 031

iOSのアップデートや復元、データのバックアップなどはできます。

MacOSbigsur iPhone12 01

映画やPodcastの同期もできます。
一応、残してくれてありますが、この機能もいずれ無くなりそうですね。

ファイルという項目では、iTunesのファイル共有と似たようなアプリにデータを転送できる機能があるのですが、古いアプリには対応していないらしく、リストアップされないようになっていました。

肝心の古いアプリが使えないんじゃあ、意味ないなぁ。

MacOSbigsur iPhone12 04

iTunesでは、ファイル共有を使ってファイルを転送したり削除することができます。

M1 Macは確かに性能や発熱の面で素晴らしいけど、こういう細かい部分で使いにくさを感じます。macOS Mojaveを入れたIntel Macはしばらく手放さない方がいいかも?

関連するエントリー

 本を聴くAudible 1冊無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。