言うほど横並びか?楽天/ahamo/povo/SB LINEの20GB新料金プランを比較する

Rakuten etc compare prices

4月から始まる各キャリアの新料金プランが出揃いました。

さて、どこにしようか?

0円からという楽天モバイルの衝撃的な段階制料金プランから、ドコモ品質を低価格で使えるahamo、通話を捨てれば3兄弟では最安値となるauのpovoなど色々とあり、かなり迷うところです。

料金を重視するか、回線のエリアを重視するか?無料通話は付くの?

条件でどこを選ぶかは変わってきます。

どちらにしても現状よりは条件が良くなるので、4月には多くの人がプランの変更やほかサービスへの移転をすることになるでしょうね。

というわけで、料金や条件を比較してみましょう。

キャリア新料金プランを比べる

  楽天 ドコモ ahamo au povo SB LINE
料金 1GBまで0円
3GBまで980円
20GBまで1,980円
20GB以上2,980円
2,980円 2,480円 2,980円
データ容量 楽天エリア:無制限
パートナー:5GB
20GB 20GB 20GB
制限時 1Mbps 1Mbps 1Mbps 1Mbps
通話 Rakuten Linkでかけ放題 5分かけ放題
5分以上は30秒20円
30秒20円
500円で5分かけ放題
5分以上は30秒20円
5分かけ放題
5分以上30秒20円

各社の新料金プランは、データ容量20GBで制限時でも1Mbpsというのがデフォとなります。

料金は、povoだけが2,480円ですが、5分かけ放題オプションを追加したらahamoやSB LINEと同じ2,980円になるので、実質的には横並びですね。

3兄弟は20GB / 1Mbps / 5分かけ放題 / 2,980円で横並びという認識でいいでしょう。

料金は横並びですが、ブランド力やエリアを考えると、ahamoが頭一つ抜けて強いかなという印象を受けます。

これに対する楽天ですが、こちらはまず楽天エリア内で利用することが前提です。

楽天エリア内で利用するのであれば3兄弟よりも好条件で、20GBまで1,980円で維持できて、20GB以上使っても2,980円と他のキャリアと変わりません。

一方でパートナーエリアだと5GBまでしかデータ容量がありません。パートナーエリアの楽天モバイルユーザーは、1GBまで0円、3GBまで980円で運用するのがベストになり、比較対象はキャリアの新料金プランではなく、サブブランドやMVNOになります。

楽天モバイルとUQ mobileの新料金プランを比較

  楽天 UQ mobile
料金 1GBまで0円
3GBまで980円
20GBまで1,980円
20GB以上2,980円
3GB:1,480円
15GB:2,480円
25GB:3,480円
データ容量 楽天エリア:無制限
パートナー:5GB
3GB、15GB、25GB
翌月繰り越し可
制限時 1Mbps 3GB:300kbps
15GB:1Mbps
25GB:1Mbps
通話 Rakuten Linkでかけ放題 30秒20円
60分550円パック
10分かけ放題770円/月

楽天モバイルとUQ mobileの新料金プランを比較してみましょう。

  • 3GB:980円(制限1Mbps)
  • 3GB:1,480円(制限300kbps)

料金やデータ容量、通話料では楽天モバイルが勝っています。

制限モードでも1Mbps出るのが大きいですね。楽天回線エリア内なら文句なしに楽天モバイルでしょう。

では、パートナーエリアでの利用時はどうでしょうか?

同じau回線なのでエリア範囲は同じ、テザリングはどちらもできる。

それなら制限モードが1Mbpsの楽天モバイルが有利かな?

という感じで、とりあえずサブ回線の楽天は残す事にして、メインをどれにするか検討することにします。

関連するエントリー

楽天モバイル