auの20GBプランpovoは月2,480円、UQ mobileも500円値下げで月1,480円から!

auの20GBプランやUQ mobileのプラン変更が発表されたので、どれがお得なのかチェックしてみよう。

まずは、auの20GBプラン「povo(ポヴォ)」から。

Aupovo uqmobile newplan 02

プランは1つのみで、データ容量20GBで月2,480円(税別)。データ超過時でも1Mbpsで通信可能。テザリングも無料で使える。200円払えば24時間データ使い放題になるので、20GBを使い切った場合でもリーズナブルに高速データ通信が行えるというプラン。データ通信だけならかなり条件が良い。

逆に、通話料金は30秒20円かかる。
月500円で5分通話かけ放題というオプションが用意されているけど、基本的に通話用途に使うプランじゃない感じ。

ahamoと同じく、手続きやサポートはオンラインのみ。
サービス開始は3月から。

サブブランドのUQ mobileは、2月1日からプランが変更。

プランは2つ→3つに増えて、それぞれ値下げやデータ容量の増加が行われている。

データは翌月に繰り越しできる、テザリング無料、回線はauなので制限モードじゃなければ爆速。通話は30秒20円、SMS送信は1通3.3円。

Aupovo uqmobile newplan 03

UQ mobileの新料金プラン

  • 3GB:1,480円(制限モード 300kbps)
  • 15GB:2,480円(制限モード 1Mbps)
  • 25GB:3,480円(制限モード 1Mbps)

既存の3GBプランは500円値下げ
既存の10GBプランは、500円値下げされてデータ容量が5GB増加。

翌月に繰り越しできるデータ容量

  • 3GBプラン:最大3GB
  • 15GBプラン:最大15GB
  • 25GBプラン:最大25GB

例えば、15GBプランでずーっと制限モードで使ってデータ容量を消費しなければ、翌月は30GB使えるようになる。ただし、3日で6GB制限があるので一気に使いまくることはできない。3日で6GB制限は、3日間で6GB使うと翌日に制限モードが強制的に入るという仕様。

povoとUQ mobileのどっちがお得?

これが一番気になるポイント。

外でデータ通信をあまりしないので、とにかく安く!というならUQの3GBプランが文句なしで格安になります。

月2,480円の15GBプランとpovoはちょっと悩むところですが、比較してみると・・・

  • povo:データ容量20GB / 制限1Mbps / 通話30秒20円 / データ繰り越し有り
  • UQ 15GB:データ容量15GB / 制限1Mbps / 通話30秒20円 / データ繰り越し無し

条件は似ていますが、同じ料金で20GBと15GBだったら多くの人は20GBを選ぶでしょうね。povoはまだ情報が全て開示されていないので、3日制限がどうなるのか?など不明な点も多くありますが、現状ではUQの3GBプランとpovoを選んでおけば安定かな。

他社の20GBプランと比較

  • povo:月2,480円 / データ容量20GB / 制限1Mbps / 通話30秒20円
  • ahamo:月2,980円 / データ容量20GB / 制限1Mbps / 通話5分無料(5分超過は30秒20円)
  • SB on LINE:月2,980円 / データ容量20GB / 制限1Mbps / 通話5分無料(5分超過は30秒20円)

データ通信だけならpovo。
通話もするなら、5分無料通話の付いているahamoかSoftBank on LINE。

au、UQ mobile、povo間の移行は手数料が無料(一度請求されるけど翌月の請求から割引される)なので、とりあえず、2月からUQ mobileの新料金プランにして様子見して、3月にpovoやahamoのサービスが開始してから迷えばいいかなと言う感じですね。

2,480円で15GB / 1Mbpsでも十分すぎる気がするけど。

 UQ Mobile

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

くりこしプランMは2,480円(税込2,728円)でデータ容量15GB、余ったデータは翌月繰越、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る!