20GBで2,480円のプラン「LINEMO」とahamoとpovoと楽天とUQ、どれがお得か比較する

LINEMO

SoftBank on LINEとして発表されていた新料金プランが、「LINEMO(ラインモ)」という名称になって再発表されました。

LINEMOバイル!?

以前の発表ではahamoと同じ月額2,980円だった料金が、auのpovoと同じ2,480円に変更され、その代わり5分かけ放題が無くなり、月額500円の通話オプションとして提供される形となります。料金プラン的にはahamoと横並びだったものが、auのpovoと横並びに変わった感じですね。

「LINEMO」の特長としてLINEギガフリーというものがあり、LINEの利用に関してはデータ通信にカウントされないので、LINEであれば通話やビデオ通話を無限にやり放題となります。これにメリットを感じる人であれば「LINEMO」も選択肢に入るでしょうね。

気になるLINEMOの特長を簡単にまとめました。

LINEMOの特長

  • 20GBで月額2,480円
  • データ通信はキャリア回線と同じ(※時間帯により速度制御あり)
  • 速度制限時でも1Mbps
  • LINEはノーカウント
  • 手続きはオンラインのみ
  • 契約事務手数料や契約解除料などの手数料はすべて無料
  • eSIM対応
  • ソフトバンクのキャリアメールは使えない
  • 対応機種はワイモバイルと同じ
  • 端末の販売は未定

回線はソフトバンクと同じですが、注意書きとして「時間帯により速度制限あり」と記載されているのがめちゃくちゃ気になりますね。

曖昧な表現ですが、解釈すると昼の12時と夕方の18時は混雑するので速度制限がかかるということでしょうか?

この時間帯こそ、制限モードを解除して使いたい時間帯ですが・・・速度制限がかかるとして、どの程度制限されるのかにもよりますね。他社と比べてどうなるかで明暗が分かれそうな予感もします。

他社の料金プランとの比較

ドコモ、au、ソフトバンクは実質的には横並びの料金プランとなります。この3社のプランだけだと、回線の提供エリアや通信速度、その他の付加価値で選ぶことになりますが、そこに加えて楽天モバイルやサブブランドのUQ mobileもあるので、選択肢は広がります。

ahamo au povo LINEMO
料金 2,980円 2,480円 2,480円
データ 20GB 20GB 20GB
制限時 1Mbps 1Mbps 1Mbps
※時間帯により速度制御あり
通話 5分かけ放題

5分以上は30秒20円
30秒20円

500円で5分かけ放題

5分以上は30秒20円
30秒20円

500円で5分かけ放題

1,500円で無制限
楽天 UQ mobile
料金 1GBまで0円
3GBまで980円
20GBまで1,980円
20GB以上2,980円
3GB:1,480円
15GB:2,480円
25GB:3,480円
データ 楽天エリア:無制限
パートナー:5GB
3GB、15GB、25GB
翌月繰り越し可
制限時 1Mbps 3GB:300kbps
15GB:1Mbps
25GB:1Mbps
通話 Rakuten Linkでかけ放題 30秒20円
60分550円パック
10分かけ放題770円/月

最安なら間違いなく楽天モバイル。ただし、利用するエリアが楽天回線エリアであることが必須条件。

そうでない場合の最安は、UQ mobileの3GBプランになりますが、速度制限が300kbpsなのでかなり遅いです。自宅メインで繰り越しを上手く使えば、最安で維持することは可能ですが、サブ回線で楽天モバイルが欲しいところですね。

速度制限1MbpsのUQ mobileの15GBプランにするなら、povoとLINEMOの方がお得になります。通話もするならahamoにするか、povoとLINEMOに通話プラン500円を追加するのが安定という感じですね。

 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT

 UQ Mobile

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

くりこしプランMは2,480円(税込2,728円)でデータ容量15GB、余ったデータは翌月繰越、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る!