めっちゃ簡単!macOS Big SurにiTunesをインストール

ITunes on the BigSur Catalina 03

macOS Big SurやCatalinaにもiTunesをインストールできるアプリ「Retroactive」を試してみました。

前回試したM1 Macでは、インストールこそできるものの肝心のiTunesは起動できませんでしたが、Intel Macなら大丈夫でしょう!というわけで、MojaveからBig SurにアップデートしたことによりiTunesが無くなってしまったMacBook Airを使って実験開始。

Retroactiveをダウンロードする

Retroactiveは、macOS CatalinaとmacOS Big SurにAperture、iPhoto、iTunesをインストールできるアプリ。無償提供されているので誰でも使えます。

まずは、こちらをダウンロードします。

Retroactiveを起動する

ITunes on the BigSur Catalina 04

Retroactive.appはダブルクリックで開かず、右クリックメニューから開くで起動します。

トラックパッドの場合は、controlを押しながらタップして開くを選択します。

iTunesをインストールする

ITunes on the BigSur Catalina 07

Retroactiveが起動したらiTunesをインストールしていきます。

ITunes on the BigSur Catalina 09

iTunes 12.9.5を選択。

ITunes on the BigSur Catalina 10

Authenticateをクリック。

ログインパスワードを入力してインストールを許可します。

ITunes on the BigSur Catalina 11

ダウンロードやインストールは自動でやってくれるので楽ちん。

ITunes on the BigSur Catalina 08

iPodを同期するならアクセス制限を解除しないといけませんが、iPodを使わないなら、その下のI don’t...から次に進みます。

ITunes on the BigSur Catalina 01

インストール完了!

Launch iTunesからiTunesを起動してみましょう。

ITunes on the BigSur Catalina 05

おおおおおおおおお!!!!!!

Big SurなのにiTunesが使える!!!

iPhoneを接続して、アプリとのファイル共有機能も問題なく使えます。

これで心置きなくBig Surにアップデートできますね。

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

2,980円でデータ容量10GB、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る「スマホプランR」が提供開始!