2021年モデルのiMacは5色のカラバリ、新型Mac Proはかなり小さくなる

AppleシリコンMacが初登場した2020年は、Intel Macそのままの筐体で中身をAppleシリコンにしただけのモデルが3種類登場しましたが、2021年に登場するAppleシリコンMacは、専用設計となった3モデルが登場すると噂されています。

  • 14インチMacBook Pro
  • 16インチMacBook Pro
  • iMac

この3モデルの内、MacBook Proについては色々と情報が出ており、具体的にどんなMacになるか予想することができますが、iMacについてはこれまで謎のベールに包まれていました。今回、サプライチェーン関係者からの情報を元にAppleの噂を発信しているJon Prosserによって、このiMacについての情報が初めて伝えられました。

Imac2021 design

それによると、2021年モデルの「iMac」はデザインが刷新され、フラットエッジデザインへと変わるということです。

さらに、カラーバリエーションも複数カラーの展開になるといいます。

上の画像はそのコンセプトデザイン。

5色のカラーバリエーションは、まんまiPad Air 4。

ディスプレイ部分のデザインは、Pro Display XDRに似ています。

ただ、今回の情報はあくまで試作モデルのデザインとカラーバリエーションについてのもので、実際に製品として発売された時に、5色のカラーバリエーションで登場するかどうかは分かりません。

現行の21.5インチと27インチモデルに置き換わる形で登場するので、2つのモデルが存在します。

スペックについての言及はありませんが、少なくともMacBook Proと同等の性能にはなるでしょう。(M1 Macの様にロジックボードが共通となる可能性があるので)

Pro displayxdr

iMacの他には、開発中の「Mac Pro mini」についての言及もあります。

こちらはキューブ型のMacで、Mac miniを3〜4個重ねたデザインになるとのこと。

コンセプトデザインも公開されています。

Mac pro mini

見た目のインパクトは・・・全く無いですね。

大きさは現行のMac Proの半分以下。
かなりの省スペースとなります。

関連するエントリー

 Amazonプライムビデオ無料30日間

月額500円でプライム会員になれば、会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Amazon Original 作品が見放題。見なくなったらいつでもキャンセルOK。