ミニLED搭載のiPad Proは2021年初期、ミニLED搭載MacBookは2021年後半に登場

Macbookpro minileddisplay

2021年後半に登場するハイエンドモデルの「MacBook」に搭載されるミニLEDディスプレイ、このサプライヤーとしてドイツの半導体メーカーOsram Opto Semiconductorsの名前が挙がっています。

Apple製品向けのミニLEDディスプレイのサプライヤーとしては、台湾のEpistarが独占供給すると伝えられていましたが、製品によって供給するサプライヤーが異なるということです。

2021年初期に登場予定の「iPad Pro」に搭載されるミニLEDディスプレイは台湾のEpistarが供給、2021年後半に登場するハイエンドモデルの「MacBook」に搭載されるミニLEDディスプレイはOsram Optoのマレーシア工場で生産されたものが採用される予定とのこと。

今回の情報で明らかになったのは、2020年内に新型iPad Proは登場しないということ。

Apple製品で初めてミニLEDディスプレイが搭載されるのは新型「iPad Pro」で、2021年初期に登場するということ。

ミニLEDディスプレイ搭載の「MacBook」(なぜMacBook Pro表記じゃないのか、ちょっと謎)は、2021年の後半まで登場しないということ。

  • 2021年初期:ミニLEDディスプレイを搭載した新型iPad Proが登場
  • 2021年後半:ミニLEDディスプレイを搭載したハイエンドMacBookが登場

ライバルメーカーは、ミニLEDディスプレイを搭載したラップトップPCを2021年の前半に発売予定なので、それよりも少し遅れての登場となります。

関連するエントリー

 格安スマホSIMのUQ Mobile

2,980円でデータ容量10GB、節約モード時でも1Mbpsの速度が出る「スマホプランR」が提供開始!