AppleシリコンiMacの登場が近い?macOSベータ版の内部コードから識別子が発見される

Imac2021 design

AppleシリコンiMacについての新情報が出てきました。

9to5Macの記事によると、先日リリースされたmacOS Big Sur 11.3ベータ5の内部コードから、「iMac21,1」と「iMac21,2」という識別子が発見されたということで、この2つのモデルがAppleシリコンiMacを示唆するものではないか?と推測されています。

現行のiMacは、21.5インチと27インチの2種類のディスプレイサイズが用意されていますが、AppleシリコンiMacはそれに置き換わる形で登場するので2つのモデルが存在します。

つい先日、AppleがiMac Proの取り扱いを終了しましたが、これはAppleシリコンiMacの登場への布石だという見方もあります。

AppleシリコンiMacのスペックは、iMac Proと競合するほどのものになるということでしょうか?

これまでに出ている新型iMacの噂としては、以下のものがあります。

  • M1Xチップ搭載
  • スリムベゼルのフラットエッジデザイン
  • 5色のカラーバリエーション
  • Face ID対応
  • 2021年秋までに登場

ディスプレイサイズについては、24インチiMacとしての噂が出ています。

  • 24インチ
  • デザインが刷新されたMogic Mouse 3が付属
  • 価格は1,399ドル〜

M1Xチップはエントリーモデルからハイエンドモデル用にコア数が異なるバージョンが存在するということで、AppleシリコンiMacがどのくらいのパフォーマンスを発揮するのかは今の所不明とされています。

CPUコアとして16の高性能コアと4つの高効率コアだった場合は、M1チップの2.5倍の処理能力。GPUコアとして16コアが搭載されていれば、M1チップより2倍〜4倍のグラフィック処理能力があるということになります。

新しいデザインについては、Pro Display XDRと似たような感じになるということです。

今回、macOS Big Sur 11.3ベータ版の内部コードから識別子が発見されたということで、登場時期についてもそんなに遠くないでしょう。

関連するエントリー

 Rakuten UN-LIMIT

1GBまで0円、3GBまで1,078円(税込)、20GBまで2,178円、20GBから無制限で3,278円(税込)の神プラン。楽天回線エリアならデータ通信使い放題、電話かけ放題。パートナーエリアでも月5GB、さらに超過後でも1Mbpsの速度で通信できます。