Apple Musicの高音質ロスレス対応が6月から開始、でもAirPods Maxには非対応

Applemusiclossless airpodsmaxnot

2021年6月より、Apple Musicが追加費用なしで高音質になります。

Apple Musicで提供されている7,500万を超える全ての楽曲がロスレスオーディオで聞くことができるようになり、ドルビーアトモスによる空間オーディオ(あらゆる方向から音が聞こえる)に対応します。

何よりスゴいのが、これが高音質プランではなく通常プラン(月額980円)のままロスレスとドルビーアトモスに対応するということ。高音質な音楽サブスクサービスとしては最安値となります。

これはAirPods ProやAirPods Maxが捗るだろうな〜〜と思ったら、まさかの衝撃的な事実が・・・

事前の噂として、AirPods 3と同時発表されるという噂もありましたが、されなかった理由が分かりました。

Apple Musicのロスレスについて

Apple Musicでのロスレスの提供は6月から開始されますが、ロスレスで視聴するには設定が必要です。

設定は簡単で、Apple Musicのアプリから 設定 > ミュージック > オーディオの質 で変更できます。

ロスレスのレベルは、16ビット/44.1kHzのCD音源品質〜最大24ビット/48kHzまで。各種Appleデバイスで再生できます。さらに、ハイレゾロスレスとして最大24ビット/192kHzもありますが、こちらはUSB DAコンバータ(DAC)などの外部装置が必要です。

AirPods Maxはロスレスに対応しない

ドルビーアトモスによる空間オーディオについては、AirPods、AirPods Pro、AirPods Maxをはじめ、BeatsシリーズなどApple H1チップやW1チップを搭載しているヘッドホンやイヤホンが対応しています。

しかし、CD音源クラスのロスレスオーディオについては、AirPods Maxなどは非対応といわれています。

Apple Musicのロスレスオーディオは、ALAC(Apple Lossless Audio Codec)というファイル形式で提供されていますが、AirPods ProやAirPods Maxなどのワイヤレスイヤホン/ヘッドホンはこのALACに対応していません。Appleデバイスでは一般的なAACというコーデックのファイルをBluetoothで送信するBluetooth AACが採用されているのみなので、ワイヤレスイヤホン/ヘッドホンでApple Musicのロスレスは利用することはできません。

AirPods Maxを有線接続した場合はどうなのか?
こちらについても、残念ながらロスレス非対応とされています。

高音質を謳っているAirPods Maxですが、まさかのロスレス非対応というのはちょっと意外性がありますね。

Apple Musicのロスレスに対応するデバイス

Appleデバイスでは以下の製品がApple Musicのロスレスオーディオに対応しています。要するにALACを再生できるデバイスと、高音質を再現できる性能の有線ヘッドホンやイヤホン、スピーカーがあればいいという話。

  • iPhone + 有線ヘッドホン
  • Mac + 有線ヘッドホン or スピーカー
  • Apple TV + 有線ヘッドホン or スピーカー
  • HomePod

昨今はワイヤレスイヤホンが全盛となっていますが、Apple Musicのロスレス対応により、有線ヘッドホンやイヤホン、スピーカーへの原点回帰が起こるかも?

  •  Source T3

関連するエントリー

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。