2022年登場のiPhone 14は6.1インチと6.7インチの2サイズ4モデル展開

IPhone14 2022model rumor

5G対応の iPhone SE 2が2022年前半に登場することを予想したアナリストMing-Chi Kuo氏のレポートでは、2022年の秋に登場するiPhone 14シリーズに関する情報も含まれていました。

2022年の秋に登場するiPhone 14シリーズは、これまでと同じく4モデルがありますが、miniサイズは無くなり、6.1インチと6.7インチの2つのサイズ展開になるということです。通常モデルとハイエンドモデルのそれぞれが、6.1インチと6.7インチという共通の大きさになるのはiPhoneにとって初めてのこと。

共通の大きさになるということで、機能面やカラーバリエーションでの差別化が今まで以上に図られることになりそうです。

iPhone 14シリーズ(2022年の秋に登場)

  • 6.1インチ iPhone 14
  • 6.7インチ iPhone 14 Max
  • 6.1インチ iPhone 14 Pro
  • 6.7インチ iPhone 14 Pro Max

iPhoneの大型モデル“Max”は、これまではProの高級モデルのみでしたが、 iPhone 14シリーズでは通常モデルにも大型モデルのMaxが登場することになるので、大画面の低価格のモデルとして人気が出そうです。 iPhone 14 Maxの価格予想は、900ドル未満となっています。

今回のレポートで言及されているiPhone 14シリーズの新機能としては、画面内Touch IDと48MPの広角カメラを搭載(Proのみ)というもので、画面内Touch IDは、2021年モデルのiPhone 13シリーズには搭載されないようです。

こりゃあ、 iPhone 13をスルーしてiPhone 14を待ってもいいかも。

関連するエントリー

楽天モバイル