M1 Mac mini用のドッキングステーションがSatechiから登場

Satechi macminihub 02

Satechiより、M1 Mac mini用の多機能ハブが新登場。

Mac miniの下にドッキングさせるタイプのハブで、背面のUSB-Cポートに接続すると複数のポートに拡張できるという周辺機器です。通常、Mac miniのポートは背面に配置されていますが、こちらのハブを使うことで前面にポートを持ってこれるので、使い勝手が向上します。

搭載されているポートは、microSDカードスロット、SDカードスロット、3.5mmオーディオポート、USB-Aポート x 3、USB-Cポート

USBポートはデータ転送用となりiPadを充電することはできません。データ転送速度は5Gbpsとなります。

M1 Mac miniにはUSB-Cポートは2つ搭載されています。

そのうちの1つを、これだけのポートに拡張できるので、M1 Mac miniの拡張性に不満のある人はこういうUSBハブは必須アイテムとなります。今回のSatechiのハブは、Mac miniと統一性をもたせたデザインになっていて、こだわりのある人向けの周辺機器となります。

Satechi macminihub 03

Intel Mac miniだとこういう構造は排熱が心配でしたが、M1 Mac miniはほとんど発熱しないので、こういう構造のハブでも全く問題なく使うことができます。

Satechi macminihub 01

さらに、ハブの底にはM.2 SSDの収納スペースがあり、ここにM.2 SSD(SATAタイプのみ対応、NVMEタイプは非対応)を搭載することで外部ストレージとして使うことができます。

つまり、USBハブと外部ストレージを兼ねているMac mini用のドッキングステーションということです。

Mac miniのデザインをそのままで、めちゃくちゃ拡張したいという人にはいいかもしれません。

価格は99.99ドル。

関連するエントリー

楽天モバイル