M1 Mac miniの消費電力と熱出力は過去モデルの1/2だった

M1macmini powerconsumption

M1 Mac miniを使っていて感心するのが、とにかく静かで発熱しないこと。

Intel Mac miniの時は、普通に使っているだけでそれなりに発熱しましたし、冷却ファンも常に3000rpmくらいで回さないとCPUの温度が80度を超えてしまうくらいでしたが、M1 Mac miniには全くそれがありません。ホントに冷却ファン付いてるのか?レベル。今が冬ということもありますが、動画のエンコード時でもほぼ無音です。実際、M1 MacBook Airはファンレスモデルなので、冷却ファンが無くても使えるということなんでしょう。

そんなM1 Mac miniですが、消費電力はIntel Mac miniと比べてどうなのか?

Appleサポートのページにある「Mac mini:電力消費と熱出力 (BTU) 情報」が更新されて、M1 Mac miniのデータが追加されたので比較してみましょう。

Intel Mac miniの消費電力

  • 2018:待機中 19.9W / 最大 122W
  • 2014:待機中 6W / 最大 85W
  • 2012:待機中 12W / 最大 85W
  • 2011:待機中 11W / 最大 85W
  • 2010:待機中 10W / 最大 85W

M1 Mac miniの消費電力

  • 2020:待機中 6.8W / 最大 39W

Intel Mac miniと比べると、待機中の消費電力は大きく変わりません(2018モデルを除く)が、最大出力時の消費電力は1/2になっていますね。

Intel Mac miniだと、2014年モデルが一番消費電力が低いのか。

M1 Mac miniの電源ユニットは2018年モデルと同じものが搭載されていますが、この消費電力の差があれば、電源ユニットを専用設計された次期モデルは、かなり小型化される可能性もありそう。

さらに熱出力で比較すると↓

Intel Mac miniの熱出力

  • 2018:待機中 68 BTU/h / 最大 417 BTU/h
  • 2014:待機中 20 BTU/h / 最大 290 BTU/h
  • 2012:待機中 38 BTU/h / 最大 290 BTU/h
  • 2011:待機中 38 BTU/h / 最大 290 BTU/h
  • 2010:待機中 34 BTU/h / 最大 290 BTU/h

M1 Mac miniの熱出力

  • 2020:待機中 23.2 BTU/h / 最大 133 BTU/h

Intel Mac mini 2012モデルはすぐに熱くなる特性がありましたが、それでも熱出力で見るとそんなに高くないんですね。ちょっと意外。

いや!実際もっと暖かくなってるはず。

あくまでこのデータは消費電力から計算した熱出力だから、実際の温度とは異なるんでしょうね。

というわけで、M1 Mac miniの消費電力は最大でも39Wという超絶省エネ仕様であることがわかりました。これなら電気代はLEDのシーリングライトくらいしかかかりませんね。

動画をエンコードしている時でも39Wっていうのは、素直に凄すぎ。

関連するエントリー

 本を聴くAudible 1冊無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。