YouTubeショートで収益化できるYouTubeショートファンドの条件とか

Youtubeshort found

YouTubeでの収益化の方法について、新しくYouTubeショートファンドという選択肢が追加され、YouTubeショートでも収益化できるようになりました。

一体どういうものなのでしょうか?

YouTubeショートは、YouTubeアプリで最大60秒のショートクリップを撮影して、エフェクトやテキストを追加して気軽にアップできる、いわばTikTokライクな新機能です。このYouTubeショートには広告が付きませんが、1億ドルを山分けできるYouTubeショートファンドで収益(ボーナス)を得ることが可能になりました。

YouTubeショートファンドのボーナスを受け取る条件

  • 過去180日間にショート動画が1本以上アップロードされている
  • チャンネルがYouTubeのガイドライン、著作権ルール、収益化ポリシーを遵守している
  • オリジナルの動画である
  • 13歳以上のである

YouTubeショートのボーナスに関しては広告ではないのでチャンネルが収益化に通っていなくても可能ですが、当然ながらガイドラインに沿ったショートクリップである必要があります。例えば、他の動画サービスでバズった動画をパクったものなどは、いくらバズったとしても収益化はできません。

YouTubeショートファンドのボーナスについて

  • 前月のショート動画パフォーマンスに基づいて、ボーナス受給対象としての招待状がメールで届く
  • 招待状にあるボーナスを申請するからボーナスの規約に同意する
  • 毎月、対象となったチャンネルには 100~10,000 ドルが支給
  • ボーナスは、クリエイターの視聴者の所在地に基づいて調整される

オリジナル動画をアップして、それなりに再生回数がある人が対象になるというわけですね。

日本もYouTubeショートファンドの対象になっているので、みなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連するエントリー