povoが5Gに対応!でも、auの5Gエリアはまだまだ限定的だ

Povo2 5garea 03

auのオンライン専用ブランドpovoが、本日より5Gでのサービスに対応しています。

5Gへの対応では、プランやSIMカードの変更といった手続きは必要ありません。5Gのエリア内でスマートフォン本体の電源を入れ直すと自動的に5G接続が行われるようになります。

iPhone 12やiPhone 13でpovoを使っている人は、povoでも5Gを使うことができるようになります・・・と言いたいところですが・・・

auの5Gエリアは、思っていたよりもかなり限定的なものでした。

以前、ahamoを契約していたときは「こんな田舎の何もない広場みたいな僻地ともいうべき草原でも5Gが入るなんて!?」と感動したものですが、auの5Gエリアは完全に主要都市の市街地限定となっています。

Povo2 5garea 01

黄色がsub6、赤色がミリ波。

大阪市内はミリ波がそこそこ充実しているけど、sub6のエリアがめちゃくちゃ限定的。

Povo2 5garea 02

東京都内はsub6のエリアがまずまず普及していますが、ミリ波はまばらに点在しているのみ。

ちなみに、日本国内仕様のiPhone 12はミリ波に対応しておらず、sub6でしか5G接続はできないので、sub6のエリアをチェックするだけで十分です。

povoで5Gが使えるようになったとはいえ、ahamoのように田舎でも5Gの恩恵を受けることができるのは、まだまだ先になりそうです。

関連するエントリー

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。