iOSのデータ通信にある写真のトグルは決してONにしてはならない

Icloudphoto sync mobiledata 05

povo 2.0でデータ残量が少なくなると「やべーぞ!データ残量が」みたいな通知が届くようになっています。大抵の場合、それなりに使い込んだ上で通知が来るので「知ってるわ」というパターンが多いのですが、今回はちょっとびっくりしました。

なぜなら、前日にチャージしたばっかりだからです。

しかも10GBも。

それが1日足らずで、残り1GBになったというのか!?

つまり、わずか1日で9GBも消費したという事になります。

ちなみにこの10GBはお詫びとして貰ったやつなので、実質タダみたいなものなので別にいいんですけど、これが自腹だったら、ちょっとドン引きするレベルの消費量ですよね。

いわばまさに、実質的なパケ死であります。

Icloudphoto sync mobiledata 04

チャージしたばかりの10GB。
チェックしてみたら500MBしか残っていなかった。

データ通信を大量消費した奴は誰だい?

一体どこのどいつだい?
見てやる。

Icloudphoto sync mobiledata 03

設定 > モバイル通信

ここから、どのアプリがデータ通信をどのくらい消費したのかをチェックできます。

すると、データ通信の多くはインターネット共有(テザリング)が消費していました。そこまで使った覚えはないけど、iPad mini 6やAndroidスマホと常時接続していたので、知らん間に色々使ったんでしょう。バックグラウンド動作とかも含めて。

それ以外では、写真がかなり消費していました。

これは、撮影した写真やビデオをiCloud写真に自動アップロードする設定にしてしまっていたことが原因でしょう。

Icloudphoto sync mobiledata 02

設定 > 写真 > モバイルデータ通信

ここはOFFにしておいたのですが、いつの間にかONになっていました。

Icloudphoto sync mobiledata 01

そうなった原因は、設定 > モバイル通信の写真のアイコン横にあるトグル。ここをONにすると、自動的にモバイルデータ通信のトグルもONになってしまうようです。この2つの設定は連動しているんですね。

知らんかった。

iCloud写真を使っている場合は、ここは常にOFFにしておきましょう。

というか、9GBも使ってから通知がきても遅いんだわ。povoさんよ〜。

関連するエントリー