DropboxとOneDrive、AppleシリコンMacにネイティブ対応完了

Dropbox OneDrive AppleSilicon Suport 03

クラウドストレージサービスのDropboxOneDriveが、同じタイミングでAppleシリコンMacにネイティブ対応しました。DropboxとOneDriveの両方で、安定版としてAppleシリコンMacを使っている全てのDropboxユーザーへ向けてリリースされています。

これにより、M1 MacなどのAppleシリコンMacでの動作が、さらに軽快になっているはず。体感できるかどうかはわかりませんが、アプリの起動などはほんの少しは速くなっているはず。

アップデートは自動的に適用されるので、既存のユーザーはそのままでOKです。

最大手のクラウドストレージサービスとしては、Google DriveもAppleシリコンMacにネイティブ対応しており、これでDropbox、OneDrive、Google Driveが全てAppleシリコンネイティブになりましたね。

Appleシリコンネイティブかどうかを確認する

インストールされているアプリが、Appleシリコンにネイティブ対応しているかどうかを確認してみましょう。

  1. cmd+スペースでSpotlight検索
  2. システム」と入力してシステム情報.appを起動
  3. アプリケーションの項目から確認
Dropbox OneDrive AppleSilicon Suport 01

Dropboxを見てみると、種類の部分が「Appleシリコン」になっているのが確認できました。

以前は「Intel」だったので、知らない間にアップデートされたようです。

Dropbox OneDrive AppleSilicon Suport 02

バージョンは144.3.4426(長い)。

関連するエントリー

 本を聴くAudible 1冊無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。