6月のWWDC 22で発表のiPadOS 16、マルチタスク機能を刷新か

WWDC22 iOS16 iPadOS16 03

6月に開催されるWWDC 22で正式発表が予定されている「iOS 16」などについて、Bloombergの記者Mark Gurmanがニュースレターで言及しました。

iOS 16」の新機能としてあげられているのが、通知機能の刷新とヘルストラッキング機能の追加。「iPadOS 16」には、新しいマルチタスクインターフェイス、「watchOS 9」では、アクティビティとヘルストラッキングの機能が大幅にアップデートされると予想されています。

iPadOS 16のマルチタスクインターフェイスに期待

WWDC22 iOS16 iPadOS16 02

この中で一番気になるのが、「iPadOS 16」のマルチタスクインターフェイスの実装です。

マルチタスクインターフェイスとは、分割画面で複数のアプリを同時に動かすインターフェイスのこと。現行の「iPadOS 15」でもAppの画面を並列させたり、ウインドウ表示にすることができますが、これがさらに進化するとみられます。

VR / ARヘッドセットの片鱗も?

WWDC22 iOS16 iPadOS16 01

「iOS 16」には、Appleが開発中と噂されているVR / ARヘッドセットのサポートもしくは機能の一部が含まれていると考えられており、VR / ARヘッドセット用の「rOS」を垣間見ることができるかもしれないと予想されています。

「iOS 16」のライフサイクルは、2022年6月の正式発表後からベータ版がリリースされ、9月に正式リリース、翌年の2023年9月に「iOS 17」が登場するまで続きます。その1年間の内に、アップデートによりVR / ARヘッドセット用の機能が盛り込まれることは想像に難くありません。

ハードウェアの発表は無しか

WWDC 22で行われるスペシャルイベントは、「iOS 16」や「macOS 13」などソフトウェアの発表がメインとなります。昨年開催されたWWDC 21でもハードウェアの発表は無く、今年も無いと考えるのが妥当です。

2022年の後半に登場が噂されているMacは2モデル。再設計されたMacBook Airと13インチMacBook Pro、M2チップにアップデートされたMac miniと24インチiMacの内、どれかが登場すると言われていますが、現時点ではハードウェアの発表については具体的な情報は出ていません。

WWDC 22が開催される6月まであと2ヶ月あるので、仮にハードウェアが発表されるとすれば、開催までに何らかの情報が伝えられるでしょう。

関連するエントリー