iOS 16やiPadOS 16の公開ベータ版が提供開始、注目の新機能を先行体験

IOS16 iPadOS16 PublicBeta 01

iOS 16やiPadOS 16、macOS Venturaの公開ベータ版が提供開始されています。

これまでは開発者向けのデベロッパベータ版のみの提供でしたが、Apple Beta Software Programに登録すれば誰でも利用することができるようになりました。

提供されているのは、秋に正式リリースされる予定のiOS 16、iPadOS 16、macOS Ventura、tvOS 16、watchOS 9、HomePodソフトウェア16などのベータ版。

正式リリースまでにiOS 16やiPadOS 16、macOS Venturaの新機能を使ってみたいという人は、公開ベータ版を適用すれば先行して体験することができます。

IOS16 iPadOS16 PublicBeta 03

7月12日(火)現在のバージョンはベータ3となり、比較的動作は安定していますが、あくまでベータ版なので、いきなりシャットダウンされたりアプリが正常に動作しない場合があります。

公開ベータ版にする時の注意点

利用する前には必ずバックアップを取ってから、Macの場合は、外付けストレージにインストールされることをおすすめします。

ベータ版でのバックアップも注意が必要です。例えば、iOS 16ベータ版でとったバックアップはiOS 15.xに戻しても使うことはできません。何か不具合が発生した場合、工場出荷状態に戻して復元しようとしてもiOS 16ベータ版のバックアップは使えないということです。この場合、iOS 16が正式リリースされるまで待つことになります。必ず、正式バージョンでバックアップを取っておきましょう。

関連するエントリー