iPhone 14のアスペクト比は20:9になる?フロントパネルがリーク

Iphone14 iphone14pro frontpanel

iPhone 14シリーズのフロントパネルの写真がリークされました。

エントリーモデルのiPhone 14とiPhone 14 Maxにはノッチがあり、iPhone 13シリーズと同じようなデザイン。一方、ハイエンドモデルのiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxにはノッチがありません。TrueDepthカメラがピル型の埋込式になり、フロントカメラと分離され配置されています。

フロントパネルのリークは毎年恒例となっているもので、ノッチ部分の形状もこれまでの噂通り。そこまで大きな驚きはありません。画面の表示面積も、ノッチのあるiPhone 14とノッチの無いiPhone 14 Proとでそれほどの違いはみられません。

今回のリークで明らかになったのは、ノッチの有無ではなく画面のアスペクト比です。

iPhone 14は画面アスペクト比が変更される?

iPhoneの画面のアスペクト比は、ホームボタン搭載モデルが9:16、Face ID対応モデルが9:19.5でした。iPhone 12シリーズやiPhone 13シリーズも9:19.5になります。

本体デザインに大きな違のないiPhone 14シリーズですが、画面のアスペクト比は9:20へと変わり、わずかに縦長になるということが伝えられています。

  • iPhone 5〜iPhone SE 3:アスペクト比 9:16
  • iPhone X〜iPhone 13:アスペクト比 9:19.5
  • iPhone 14:アスペクト比 9:20

関連するエントリー

 本を聴くAudible 1冊無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。