WWDC 2022は6月7日午前2時から、iOS 16やmacOS 13が発表

Wwdc2022 keynote

Appleが、6月7日に開催する開発者向けイベントWWDC 2022のプログラムを公開しました。今回も完全オンラインイベントとなり、基調講演から開幕します。

WWDC 2022の基調講演は日本時間 6月7日午前2時から開始。

発表内容については「今年後半にAppleプラットフォームで登場する画期的なアップデートの初披露から始まります」とあり、iOS 16、iPadOS 16、macOS 13、watchOS 9といったメジャーアップデートの新機能についての紹介が行われるとみられます。

iOS 16」の新機能としては、通知機能のアップデートとヘルストラッキング機能の追加。「iPadOS 16」の新機能には新しいマルチタスクインターフェイスがあり、「watchOS 9」では、アクティビティとヘルストラッキングの機能の大幅アップデートが盛り込まれると予想されています。

ハードウェアの発表については、WWDC 2022では行われない可能性が高いとみられており、あまり期待はしないほうがいいでしょう。

基調講演はapple.com/jp、Apple Developerアプリケーション、Apple TVアプリケーション、YouTubeで視聴でき、配信終了後はオンデマンド再生で視聴できます。

関連するエントリー

楽天モバイル