AirでもProでもない15インチMacBookの噂、M2/M2Proチップ搭載で2023年後半登場か

15inch macbook 2023

M2チップを搭載する15インチMacBookの噂が出ています。

これはアナリストのMing-Chi Kuoさんのツイートで明らかになったもので、それによると、15インチMacBook ProはM2チップとM2 Proチップの2種類のSoCを選択することができる可能性があるといいます。

表記がMacBook AirでもMacBook Proでもないのは、新しく15インチのMacBookという製品が登場するからだとみられています。

15インチというディスプレイの大きさは、16インチMacBook Proに次いで大きく、重さもそれなりになるので外に持ち出さずに家の中などで持ち運んで使う用途向けのラップトップになります。

M2チップ搭載MacBookシリーズの画面サイズ

  • 13.3インチ:M2搭載MacBook Pro
  • 13.6インチ:M2搭載MacBook Air
  • 14.2インチ:M2搭載MacBook Pro
  • 16.2インチ:M2搭載MacBook Pro

M2チップとM2 Proチップというグレードの違うSoCが選べるということで、MacBook AirとMacBook Proの中間に位置付けられるとみられ、MacBook AirよりもパワフルでMacBook Proよりもリーズナブルという、かつてのMacBookとは全く別物の製品になりそうです。

15インチMacBookは、2023年の6月頃から生産が開始され、2023年の後半以降の登場が予想されています。

M2チップ搭載iPad Proは2022年末に登場?

M2チップ搭載のiPad Proの登場時期については、2023年になるという噂と、年末に登場するという噂の2つの異なる情報があります。どちらにも共通する情報としては、11インチと12.9インチから画面サイズの変更はなく、M1チップからM2チップへのアップデートが行われるという内容。

それらとは別に、さらに大きな14.1インチiPad Proの噂もあり、M2チップ搭載iPad Proは、この大画面モデルが注目機種となっています。

14 1 ipadpro 2023

既存のM1 iPad ProをアップデートしてM2 iPad Proにするだけなら、今年の年末に登場する可能性は十分に考えられますが、14.1インチiPad Proの登場と合わせるのなら、別の噂の2023年登場説が有力かなと思います。

2024年にはMacBookにも有機ELディスプレイが搭載か

さらに近未来の噂として、2024年に13.3インチの有機ELディスプレイを搭載するMacBookが登場するという噂を、DSCCのRoss Youngが伝えています。

ミニLEDではなく有機ELディスプレイを搭載するモデルということで、MacBookシリーズとしては初。サイズ的にMacBook AirとMacBook Proのどちらも考えられますが、製品名については定かではなく、AirかProか、はたまた単なるMacBookとして登場するのかは不明です。

へーって感じの噂ですけど、有機ELディスプレイは焼付きがどうしても発生するので、常時点灯させて使う事の多いMacではミニLEDディスプレイの方が嬉しいかも。

関連するエントリー

 dTVは月額550円で動画見放題!

月額550円(税込)で見放題!圧倒的なコストパフォーマンスの動画サブスク。初回入会の方は初月無料おためし。簡単登録でいますぐOK。